グリズリーレイジ Grizzly Rage 2007



熊のオヤジが激怒 Grizzly Rage

グリズリーレイジは2007のテレビ映画。
アサイラムのような粗製乱造TV番組を発表するマンイーターブランドの作品です。

以下のYouTubeはpart2からです。part1は消されました。

nico2は昔から全部見ることが出来ます。 (You can watch entire movie on nico2 from blue bottun below.)













[wowslider id=”1″]








無軌道な若者たちが小熊をひき殺してしまったのが運の尽き。
母クマは執拗にどこまでも追いかけてきます。


Grizzly Rage 2007

Grizzly Rage 2007




一時話題になったのが、役者とクマが同一のフレームに収まっているシーンが一つも無いという事実です。
低予算で猛獣を使い、万が一にも事故などあったらプロダクションが潰れてしまう故の安全策ですが、そこがまたこの映画のネタです。


Grizzly Rage 2007

Grizzly Rage 2007



マンイーターシリーズ

ちなみに、最近作られた、なんとなくお手軽アニマルパニックは、だいたいがカナダで制作されています。
ワイバーン、サンド・サーペント、シービースト、グリズリーレイジ、ベヒーモス、イエティー、カーニイ(ルーダイアモンドフィリップス出演)、シャーク・スウォーム(ダリル・ハンナ出演)、ブラック・スウォーム・・・などは、まとめてカナダのモンスター映画、Maneaterシリーズとなります。 Maneaterシリーズ・・・マネーターではなくて、マンイーター = 人食いシリーズです。

たしかに、イエティなどを見てますと、人を食っているとしかいえませんね。

けれどワイバーンだけはすばらしい映画です。


マンイーターシリーズのweb ・・・いつまでたっても、ローディング0%で、さすが人を食ってます。


wikiよりマンイーターシリーズ

Grizzly Rage 2007

Grizzly Rage 2007






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください