アンダーワールド Underworld 2003




アンダーワールドは2003の映画。


ケイト・ベッキンセールが美女吸血鬼を演じてコアのファンは大喜びの作品です。
この作品の後、監督のレン・ワイズマンと結婚し、今は夫婦でアンダーワールドを作っています。


バイオハザードのポール・W・S・アンダーソン監督ミラ・ジョヴォヴィッチさんみたいですね。


  










[wowslider id=”1″]








Kate Beckinsale in Underworld 2003

Kate Beckinsale in Underworld 2003


お題が吸血鬼なので太陽光で肌を照らすことができないのですが、返って彼女の白い肌と赤い唇が艶かしく、映像としては大成功しています。

ケイトさんは、それまでパール・ハーバーなど普通の人間を演じていましたが、この企画からキャットスーツとデザート・イーグルのいでたちで不死身のヒロインと化しました。

それにしても、続編の数々を見ても、暗闇でいかにして美人に撮影するか、スタッフたちが細心のテクニックを駆使しています。


ロケ地は例のバーチャースタジオ

アンダーワールド2で大昔の回想シーンで、ケイトさんが両親を失う場面にでてくる場所は、例のバーチャースタジオ
まっくらでよく分かりませんが、良く出るロケ地です。

アンダーワールド4 覚醒 Underworld Awakening





India Eisley

India Eisley



第4作目の覚醒ではオリビア・ハッセーさんの家の娘さんインディア・アイズリーが出演して、吸血鬼戦争というお話の中では、際立ってほっとする芝居を見せていますので、一見の価値アリですね。

この男だマイケル・シーン


Michael Sheen in Underworld

Michael Sheen in Underworld



吸血鬼と対抗するライカン勢力の親玉は、言わずと知れたマイケル・シーン。
その眼力で周囲を睥睨するさまは、トロン・レガシーでも遺憾なく発揮されていました。

この人が悪いんです

この人が悪いんです


この人が悪いんです。

あとでサイモン・ペグの映画でゾンビに食われていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください