おっぱいゾンビ Zombie Women of Satan 2009




おっぱいゾンビは2009のホラー映画。

珍しいフラグ

ふつう、死亡する前には予兆が出てきます。
登場している人物が、食事をしたり、身の上話、恋愛ラブラブをしますと、フラグが立ってそのキャラは死ぬことが確定となります。


これは、映画やゲームで長い間かけて出来上がった暗黙の了解型宣言ですが、本作のキャラクター、ゼウスは野グソをしてから逝くという珍しいフラグの立て方をしています。


実は夕食時に見ていたのですが、グロやシモネタはまあ良いものの、オヤジが野グソを始めると長い長い。
いよいよDVDを止めようかと思ったそのときに、
「お食事中のかたはごめんなさい」と断ってくれたので、最後まで見てしまいました。


この映画は野グソフラグの草分けとして後のカルトに名を連ねることになるでしょう。



新発想の逃亡方法

ゾンビ映画では逃亡する側の感染していない人間を、いかにしてその場足踏みをさせるかがポイントになってきます。

迫り来る脅威から即座に離脱してしまっては、映画も5分で終わってしまうので、制作サイドではその点を念入りに考えることになります。新興ゾンビ映画がつまらないのは、この重要なポイントを練っていないからで、ジュラシック・パークのような大作においても、一難去ってまた一難の間は、近親者同士の安堵シーンが長すぎて、見ている視聴者はアクビが出てしまいます。

さて、本作ではその問題を一気に解決するために、逃亡側の人間に、極端なバイアスをかけました。
オカマとフリークショーのメンバーが逃げる側なので、二言目にはオネエ言葉で罵りあいが始まって、セリフが終わるまではゾンビは襲ってきません。

これならば安心して楽しむことができますね。しかし下品です。親子での視聴は控えましょう。


Zombie Women of Satan

Zombie Women of Satan


美人ゾンビ集

They’re to Die For: 13 Hottest Zombie Babes


One thought on “おっぱいゾンビ Zombie Women of Satan 2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA