アルマゲドン2012 Collision Earth 2011




アルマゲドン2012は2011のサイファイ映画。2011.12.31の大晦日にサイファイチャンネルにて放送されたらスイ。
地球の危機だというのに全てが裏目の判断を行う親玉。足をひっぱるだけの警備員、最後は専門家とその妻でパイロット、そして大学生が地球を救う。
これだけでもうものすごいシナリオですが、やっぱり監督は例の悪名高いポール・ジラー。この作品もジラー節たっぷりでお楽しみください。


wikiより アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス












[wowslider id=”1″]







Collision Earth 2011

Collision Earth 2011

カーク・アセヴェド

主演はフリンジのチャーリー・フランシス = カーク・アセヴェド
フリンジのセミレギュラーを降りたと思ったら、2011のこの映画に出てました。
吹き替えがスーパーナチュラルのディーンなので、とてもガチな感じがします。

Kirk Acevedo

Kirk Acevedo


速攻野郎デビッド・ルイス

アバンタイトルに出てくる速攻野郎デビッド・ルイスは、今回かなり長生きします。本当はすぐに爆死して見せてほしかったのですが。


以下の画像は本家速攻野郎のポスターで、デビッド・ルイスとは無関係です。

速攻野郎Bチーク

速攻野郎Bチーク



Faceの役がAceだそうで。




スマター・トレック / ネクスト・ジェネレーション





救いようの無い大バカ

助っ人について歩いているこのバカが、並外れた救いようの無い大バカで、尺伸ばしに寄与します。

途中で突然居なくなるので、あきれた主人公に叩き殺された模様です。

ag35

息もつかせぬBGM

今回のBGMはけっこう落ち着きません。ラッキーエンドかどうなのかさえ、怪しげです。
せわしないストリングスがボーン・アイデンティティーやヒットマンを思いださせ、どこまでも不安に陥る年末を演出しています。

親玉アンドリュー・エアリー

アンドリュー・エアリーは本作でも、メチャクチャなことを言ってますが、同年のキラー・マウンテンでもいいかげんなおやじでした。
ファイナル・デスティネーション2ではAJ・クックのおとっつぁんで出てましたが、最近は英国一の無責任男ですね。




毎年恒例のアルマゲドン



番外編を含めて、2007から2013まで、全ての年でアルマゲドンがおきています。

なぜか毎年発生するアルマゲドン。物好きなかたがまとめてくれた壁紙を厄除けにお使いください。
映画会社では、「今年のアルマゲドンはどの作品でいこうか?」という会議でも開いているのでしょうか。とくに2012はやばかったらしく、アルマゲドン2012 QUANTUM APOCALYPSE という2010の映画も作られていますので、題名で混乱しそうです。

QUANTUM APOCALYPSE

QUANTUM APOCALYPSE



モノホンがおきない限り、来年も楽しめそうですね。

一家に一枚お守りの壁紙

Every year we get Tons of Armagedons Horizon version

Use wall paper as your Amulet

Use wall paper as your Amulet



Every year we get Tons of Armagedons Vertical 9pic version

Mass Armagedons

Mass Armagedons



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA