Teenage Cave Man 1958




Teenage Cave Manは、1958の原始人映画。本編は、MST3K版です。
1955にデビューしたロバート・ボーンが、ロジャー・コーマン監督にだまされて出演してしまったカルト作品です。
ボーン氏は、1956にはノンクレジットながらも十戒に出ているというのに、ひどい映画に当たってしまったものですね。

Wikiより Teenage Cave Man









[wowslider id=”1″]





Robert Vaughn in Teenage Cave Man

Robert Vaughn in Teenage Cave Man


ある原始人の村に、シンボルメーカーという、ひどく格好の良い名前の村長がいました。

ロバート・ボーンは、シンボルメーカーの家の十代の息子です。


The Symbol Maker with his son

The Symbol Maker with his son


原始時代なのに、ヘアドライヤでセットしたような頭です。

このあと、焚き火をたくのに、マッチも使います。


Robert Vaughn

Robert Vaughn


お色気シーンはさておいて、下のポスター左側のモンスターにご注目。


お色気シーン

お色気シーン


ポスターに描かれているのとは大違いのモンスターが出てきます。


This is Roger Corman's Monster

This is Roger Corman’s Monster


ロバート・ボーン氏は、東西冷戦のさなか、ナポレオンソロというコードネームでならした大物スパイですが、コーマン氏に敬意を表して、

「本作ほどひどい作品は見たことがない」

と、いきまいています。


Robert Vaughn

Robert Vaughn





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA