矢追純一UFOスペシャル第8弾


巨乳タイプの宇宙人

一方、世界各地には奇怪な形のUFOが次々に現れ、 イスラエルには、身長2.7メートルもある巨乳タイプの宇宙人が頻繁に姿を現しているという。

メキシコのUFO

 
写真学生のアニー・ラスクは、自宅の屋上で撮影の練習中、上空に現れたUFOにびっくりしました。

カメラを持って友人をモデルに撮影中の出来事で、驚きのあまり呆然となってしまいました。 アニーの家のおんちゃんも同時に目撃したらしく、 「あれは宇宙から来たんだよ、きっと」と主張しています。 しかし、アニーはUFOを一枚も撮影していません。 このドジさ加減に、 「体がはれた原因はUFOではなくて、 ハンバーガーの食いすぎじゃないか」 という、心無い書き込みが横行しています。

酔っ払いとUFO

メキシコのUFOハンターは、異星人にたいしての敵愾心がまったくないので、姿を目にするとペットにでも声をかけるように慣れ親しく撮影します。なかには、酔っ払っているのか「こっちへ来い」とでかい声を張り上げている連中もいます。しかしUFOもジャンキーにかまっている時間は無いらしきく、彼らを避けるようにあっちへ行ってしまいます。 別にUFOでなくても、絡まれるのが嫌になりそうですね。

UFOと地球温暖化

 
メキシコに現れるUFOは、地質学者アル・アンドを初めとする第四種接近遭遇の対象者に対して、判で押したように、 「改心しないと天変地異が訪れる」 と警告します。
なかには、何を言いたいのかはっきりしない宇宙人もいて、 アル・ゴアの地球温暖化キャンペーンと同様に、 報われない努力を重ねています。


ハイミー・マサーンの番組

矢追純一さんのメキシコの親友、ハイミー・マサーンが出てくるメキシコのUFO番組です。
こちらも同時にチェックすると、あたらUFOの現れる彼の国の楽しさが伝わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください