プライミーバル primeval シーズン5




プライミーバルシーズン5。
最初から生き残っているのはコナーとアビー、渋い所長のジェームズ・レスター、それに第三章から登場した武闘派ベッカー大尉。最近ではアサルトライフルを抱えたベッカーが出てくると、安心して見ていられます。しかしコナーとの、ドつき漫才が少なくなったような希ガス。


第四章から現れたセンターの責任者フィリップ・バートンと、新しいリーダーのマットは、どうも蟲が好かない。
行方不明になっているダニー・クインを出すか、ニック・カッターが再び現れてくると、けっこう落ち着くのですが・・・。
やりたい放題やっていた、ダニーの型破りな第三章が、とても懐かしいです。



EP01



EP02



EP03




エピソード3にでてくる
ヘンリー・マーチャント卿を演じるのはイギリスの俳優でスティーブン・ホーガン。2008にスターシップトルーパーズ3でスカイマーシャルを演じていた彼です。

Stephen Hogan

Stephen Hogan


EP04



EP05



Ben Mansfield as Captain Becker

Ben Mansfield as Captain Becker


EP06



So our future?

Future Predetor

Future Predetor



フューチャー・プレデターの造形と、それが絶望的な荒廃した未来を表すという方法論は、最近の映画、タイムマシン 2013 Morlocksにもそっくり流用されています。


もとはといえば、タイムマシンの中で描かれている人類の2分化なのですが、世紀末とソ連の崩壊を経験したにもかかわらず、ヨーロッパの作品には、やっぱり暗い未来がピッタシはまるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA