宇宙戦争 The War of the Worlds 1953


宇宙戦争 The War of the Worldsは、1953のアメリカ映画。
H.Gウエルズ原作でジョージ・パル制作の4大宇宙作品のひとつです。
|  

本編 01 02 03 04 05

 

 

ジョージ・パル制作による最初の作品。後にスピルバーグが作り直すも、トム・クルーズがF-14に乗っていなかったので失敗作に終わってしまいました。

かなり昔の友人から、アメリカ映画はどんな場合も必ずといって良いほど聖書からみの表現が付きまとうという鋭い指摘をきいたことがあります。

この作品や、地球最後の日、そもそも宗教団体の動員を狙って作られたベンハー十戒などは、だいたい最後にアーメンで終わっています。それでこそこの世は平和なのです、という締めくくりをしないとみんな映画館に来なくなってしまう時代だったのでしょう。

THE WAR OF THE WORLDS 宇宙戦争

ジーン・バリーとアン・ロビンソン

ちなみに、主人公のジーン・バリーとアン・ロビンソンは、2005年のリメイク作品にも、ダコタ・ファニングのおじいちゃんとおばあちゃん役でカメオ出演しています。

 

また、ジーン・バリーの役名である、クレイトン・フォレスター博士という名前は、ミステリー・サイエンス・シアター3000に出てくるマッド科学者の名前に流用されています。

 

 

 

宇宙戦争 THE WAR OF THE WORLDS オーソン・ウエルズ版

 

01 02 03
その後作られたアサイラムのB級便乗作品。

2 replies on “宇宙戦争 The War of the Worlds 1953”

  1. Pingback:ネオボス 面白ニコビデオ

  2. Pingback:ネオボス 面白ニコビデオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください